マンションのプロバイダを考えよう

光回線のプロバイダはマンションと関係しています

プロバイダはインターネット接続業者を言いますが現代は通信容量が大きく、またスピードがあることです。しかし接続業者により通信スピードの往復のスピードが異なっていますので注意を要する点です。送受信のスピードを気にしないなら月額料金の定額を利用する事になりますが従来の電話回線より高額であることは間違いありません。光回線と言っていますが、この回線の要件と条件があることから誰でも加入する事は出来ないようになっています。要件としては政令指定都市という事で100万人の人口を擁する都市に当てはまらないとマンションに居住していても光回線を利用する事は不可能です。また、対象地域のマンションでも光回線の設備をしていない事では利用できないことになっていますが大家に依頼して設備を整えてもらうほか仕様がありません。そのマンションで1人だけ光回線を利用しようとしましても大家の承諾が必要になり工事で行き止まることになってしまいます。
また光回線の設備があってもマンションの居住者の中で最低、利用者が何人いなければならないという条件がありますので1人の利用では難しいようです。光回線をしたいならば設備のあるマンションを探さなければならないようです。現在では、そのような情報を配信しているウェブページは見たことがありませんので難しい問題です。
また従来の電話回線用のパソコンでは光回線を利用できませんので現在、販売されているパソコンに買い替えをしなければなりませんが値段は10万円以上しています。そしてマクロソフト社のサポートは後1年余りですのでホーム利用者により、そこで再度、行き詰まりになってしまい、その後、ソフト利用者の専門家だけに移行するようになっています。あるユーザーにとっては限定的な利用で終わってしまいますがパブレット関係や携帯電話端末との利用は可能にし、将来的にはソフト利用の専門家とスマートホーンなどの携帯電話利用の情報関係と二分される事は間違いのない事です。

Copyright 2014 マンションのプロバイダを考えよう All Rights Reserved.